注文住宅はランキングを参考にする【ステキハウスのつくり方】

不動産

神奈川県のベッドタウン

案内

県内でもお手頃な地域

相模原市は神奈川県で一番新しく政令指定都市になった市です。県の北西部に位置し、山梨県や東京都とも隣接しているため横浜、川崎方面だけでなく東京に通勤する人のベッドタウンとしても成り立っています。人口も第3位になっていて、栄えているのがわかります。周辺地域よりも土地代が安いという理由で、広めの土地を購入して注文住宅を建てるという家庭も多くなっています。また、県内では自然が比較的残っていて大きな公園も多く存在し、大学も多いことから若い世代や子育て世代が集中している傾向にあります。土地代を節約できた分、家にお金をかけられるため、注文住宅を選ぶ人も多くなっています。また、注文住宅にしたいので安く買えるところを探すと相模原市になったというケースも多くあります。

交通アクセスの地域差

相模原は中央区、南区、緑区の3つの区から成っています。東西に特に長い形をしていて、鉄道は基本的に南北に走っている路線と、西の端の方を東京から山梨方面に伸びている路線があります。そのため、相模原市内の移動はほとんど車やバスに頼ることになります。交通アクセスの便に偏りがあるのも相模原市の特徴です。鉄道が集まっているのは中央区と南区で、西の大半を占める緑区は駅も少なく、鉄道での移動には不利になっています。車を生活で日常的に使うなら、それほど鉄道駅へのアクセスは重視しないで良い場合もありますので、注文住宅を建てることを考えているのならアクセスの悪い土地も考慮に入れるのも有効な手段です。土地代も安いため広い土地が手に入りやすくなります。